日本語を話せる外国人と出会えるアプリはありますか?
恋愛目的の場合、MatchとOmiaiに日本在住の外国人が多いです。とくにOmiaiは日本語が上手が多いと思います。

https://jp.match.com/

https://omiai-jp.com/

2018年3月現在、Omiaiには、韓国人が198人(女43、男155)、アメリカ人が128人(女52、男76)が参加しています。

Hello Talkの即チャット機能がヤバい!

俺は、10年近く、言語交換系サイトを利用している。

パソコン時代は、メール交換して、チャットに誘導するという面倒な手続きがあった。

それが、Hello Talkだと、すぐにチャットを開始できる。

こんなに便利なツールは今までなかった。

添削系言語交換アプリ

Hello Talkは、添削機能も使いやすい。

パソコン時代には、Lang8やItalkiという添削SNSがあった。

しかし、この2サイトの添削は、文書がすべて公開されてしまう。

プライベートなメッセージ交換の際は、添削機能がついていなかったのである。

それに対して、Hello Talkはチャット中の文章を添削する機能があるのでとても便利。

外国人に会いたくなってきた

Hello Talkのチャット成功率が異常に高いので、実際に外国人に会って交流したくなってきた。

それで、俺は、検索結果を位置情報の近い順に並べてみた。

Hello TalkはGPS機能を搭載しているのである。

俺が勉強している言語は、あまりメジャーではないので、近くに住んでいるユーザーは少なめ。

それで、話しかけてみたら、すぐにチャットができた。

これは、日本在住の外国人の出会いに使える!

と、考えた。これが男の本能。

有料会員費540円払った!

無料会員だと、自分が学習中の言語を話す人しか検索できない。

日本在住の外国人すべてを検索するには、有料会員になる必要がある。

有料会員の会費は月額540円。

恋愛系アプリに比べると驚くほど安い。

そんなわけで、俺は、すぐに登録することにした。

下心のせいで無駄金を使ったことが明らかに

有料会員になった後、早速、日本在住の外国人を検索してみた。

でも、ガッカリ。

男ばかりがヒットするのである。

驚くほど女性が少ない。

言語が一致しないとチャット成功率が低くなる

あともう一つ、チャット成功率が低いってことに驚いた。

フランス語勉強中の人がフランス人に話しかけると、チャット成功率は高い。

40代の俺でも、かなり高い確率で、返信してもらえるし、チャットは30分以上継続する。

しかし、有料会員になって、俺がやったのは、自分が勉強していない言語の相手に、日本語で話しかけること。

日本在住の外国人なので、日本語で会話できるのだ。

返答率は高め。

他の恋愛系アプリに比べると、驚異的な返答率といえる。

しかし、会話が長続きしない。

日本語ばかり話すので、「言語交換目的ではない」とバレるのである。

口説き目的だ!という警戒心が高まり、仲良くなるまえに、チャットが中断する。

旧式サイトとHello Talkの違い

旧式の言語交換サイトの場合、こんなことは起こらなかった。

なぜなら、俺が話しかけるのは、東南アジアの女の子。

日本人にメッセージを送ってもらえない人が多いから、日本語しか話さない41歳のオッサンでも、話し相手になってもらえる。

しかし、Hello Talkの場合、東南アジアの女の子でさえ、日本人の若者と簡単にチャットができる。

つまり、Hello Talkのユーザーにとっては、日本人との会話は、貴重なものではなく、当たり前になっているのだ。

これが、Hello Talkの凄いところでもあるのだが、出会い目的の中年オヤジにとっては、役に立たないアプリなのである。

540円払ってエロオヤジが学んだこと

540円払って得た教訓は、「Hello Talkは出会い目的には向かない」ということ。

俺は、1か月の有料会員の後、ノーマル会員に戻す予定である。

今後は、言語学習だけを目的にHello Talkを利用するつもりだ。

学習目的の場合、とても役に立つアプリなので。