日本語を話せる外国人と出会えるアプリはありますか?
恋愛目的の場合、MatchとOmiaiに日本在住の外国人が多いです。とくにOmiaiは日本語が上手が多いと思います。

https://jp.match.com/

https://omiai-jp.com/

2018年3月現在、Omiaiには、韓国人が198人(女43、男155)、アメリカ人が128人(女52、男76)が参加しています。

俺のような40代は、フィリピン人女性と言うと「エロい」と言うイメージを持ってしまう。しかし、1980年代のバブル期の後、日本で働くフィリピーナは激減した。フィリピンパブで働く女性たちが問題視され、ビザの取得が難しくなったのが原因だ。(その代り、エロいオジサンたちがフィリピンに風俗体験ツアーに出かけるようになった。)

しかし、最近、日本にフィリピン人女性が戻りつつある。日本の景気が良くなると、フィリピーナが増えるのだろうか?

「フィリピン人女性はヤッパリ、エロいの?」

「フィリピーナは、すぐにヤラせてくれるの?」

と、あなたは疑問を持つのではないだろうか。俺自身、出会い系でフィリピン人を見ると、どうしてもセックスのことが頭から離れなくなってしまう。

そこで、今回は、フィリピン人調査の第2弾として、出会い系に参加している53人の女性にメールを送った結果を報告する。(証拠画像あり

なお、第1弾では、フィリピーナが出会い系に大量出没していることを明らかにした。(詳細『【衝撃】フィリピン人彼女候補が8767人!』)

彼女探しとセックス目的は別問題

今回調査対象としたのは、Japan Cupidという出会い系アプリだ。しかし、俺は、Pairsという日本人向けの婚活アプリも利用している。なぜかと言うと、Pairsに参加する外国人は、日本語が話せる人がほとんどだからだ。俺は、英語が苦手だ。Japan Cupidの参加者のほとんどは、日本語を話せない。俺にとっては、実質的な恋愛対象が非常に少ないのである。その点、Pairsの方が、実質的な外国人ターゲットの数が、はるかに多い。

Pairs(フィリピン人女性登録者数:283人)
https://pairs.lv
Japan Cupid
https://www.japancupid.com/

フィリピン人の顔写真を見ると、Japan CupidとPairsでは、タイプが全く異なる。Pairsは、学生や会社員として真面目に働いている清楚系のフィリピン人女性が多いのに対し、Japan Cupidは少し怪しげな雰囲気だ。

この怪しい雰囲気が気になって仕方がないので、調査のために、フィリピン人女性にメールを送りまくることにした。(ちなみに、俺は、Japan Cupidに有料登録している。

東京近郊の若いフィリピン人53人

【衝撃】フィリピン人彼女候補が8767人!』に書いた通り、Japan Cupidには、フィリピン人ユーザーが異常の多い。8000人超というのは、単に、非アクティブユーザー(幽霊会員)が混ざっているからだ。しかし、前回の調査によって、約600人が日本在住で1か月以内にログインしていることが明らかになった。

600人に、メールを送りまくるのは、さすがにつらい。そこで、更に条件を厳しくして、以下のような条件を設定した。

  • 国籍:フィリピン
  • 性別:女性
  • 年齢:18歳~35歳
  • 居住:東京から50km以内
  • 写真:写真あり
  • 最終ログイン:5日以内

東京にいる男性が、セックス目的で利用することを想定して、このような絞込検索をしたところ、53人もの女性がヒットした。5日以内にログインしているアクティブユーザーがこれだけ多いのは、異常な事態であると言える。

メールの文章を全て公開!

すでに、述べた通り、俺は、外国人が大好きなのに英語が苦手だ。だから、ネットで使えそうな英文を探してみた。そこで見つけたのが、以下の文章。

Wanna hang out with me?(俺とデートしない?)

英語が苦手な俺としては、なぜ、これがデートの誘いになるのかよくわからないが、Do you want to go out with me? を略した文らしい。

Japan Cupidは婚活系ではなく出会い系なので、このぐらいストレートにアプローチしてもいいのではないかと考えた。ストレートにセックスしようと呼びかけてみようかとも思ったが、今回は控えめに攻めることにした。Japan Cupidでは、メールにタイトルをつけなければならないので、、、Hi Beautiful!と題名をつけた。

そして、このコピペメールを53人に送った。

24.52%の返信率!これはヤバい

メールの返信が、すぐに届き始めた。結局、13人からの返信を受け取った。つまり、24.52%の返信率。40代の男がこれだけ返信率が高いのは、凄いと思う。たぶん、これからも、数通はメールが届くことになるだろうから、返信率は30%ぐらいになるのではないだろうか。

フィリピーナが積極的すぎる。

フィリピン人女性の中には、すごく積極的な人がいた。「もちろん」「私の電話番号は…」といきなり電話番号を伝えてきた人がいたのには、驚いた。しかも、電話番号を教えてくれた女性は2人もいた(笑)

メールを返信してくれたすべてのフィリピーナが、会うことに積極的だったわけではない。Japan Cupidは出会い系だから、セックスする気満々のフィリピーナがアプローチしてきたり、料金交渉して来るんじゃないかと思っていたのだが、メールの返信内容は予想とは異なっていた。

普通に恋愛目的で利用しているフィリピン人が多いのかもしれない。

「フィリピン人=エロい」と勝手に想像していたが、日本にいるフィリピン人は意外にまじめな人が多い。そもそも、今はフィリピンパブの数も減った。また、日本国内で、フィリピン人の風俗嬢を扱っている店を俺は知らない。「フィリピン=エロ」というのは、オジサンの古臭い発想だったようだ。

ウブなフィリピン人女性との真剣交際ができるかも

返信が13通あったが、デートに積極的だった女性は少なかった。上記の2人ぐらいだろう。

中には、「今、フィリピンにいます」とメールを送ってくる女性もいた。Japan Cupidの居住地は、自己申告に過ぎない。海外の出会い系なので、本人確認が義務づけられていないのだ。だから、居住地も嘘を書いている人がいると推測できる。つまり、日本在住という絞込検索でヒットするフィリピン人の数は、必ずしも正しいとは言えない。

単に、「Hi」と返事をしただけのフィリピン人女性が数人いた。これは、話がかみ合っていないので、どんな人なのかよくわからない。

注目すべきは、「no(いいえ)」とだけ、返信して、俺をブロックしたフィリピン人女性が1人いたことだ。

フラれたのだが。。。

しかし、この返信を好意的にとらえると、、、、この女性は、真面目な恋愛を期待して、Japan Cupidに登録したのに、エロいオッサンがセックス目的でメールを送り付けてきたので、不快に感じたということだ。つまり、Japan Cupidには、真剣に交際するために登録しているフィリピーナがいるということなのではないだろうか。

今回の調査の問題点

今回の調査結果から判断すると、Japan Cupidには、真面目なフィリピン人女性も混ざっている。ただし、今回の調査では、出会い系にはセックス好きの女性が集まるということを前提に、下心見え見えのメールを送ってしまったので、真面目系のフィリピン人女性の実態については、把握できなかった。

たぶん、しっかりと自己紹介を書いて、真面目なアプローチをすれば、彼女を作ることも可能だと思う。ただし、真面目そうに見えて、実は結婚詐欺だというパターンもあるだろうから、慎重に女性を見極めた方がいいと思う。

セックスできたのか?

俺は、英語が苦手だから、今回は、「調査」と割り切って、メールを送信しまくった。でも、「もし、日本語を話せる女性から返信があったら、会ってもいいかな」という下心があった。

しかし、残念ながら、返信されたメールは全て英語だった。正直なところ、「本当に日本に住んでるの?」という疑問が残ってしまう。日本に住んでいれば、Konnichiwaとローマ字であいさつすることぐらいできたはずだ。しかし、日本語であいさつしたのは1人だけだった(Ohayou(おはよう)と書かれていた)。

そんなわけで、結局のところ、セックスはできなかったし、調査によって疑念が晴れたわけでもない。俺に言えるのは、「もしかしたら、真面目な素人娘がいるかもしれない」と言うことぐらいだ。

それに比べると、冒頭で書いたように、Pairsのフィリピン人は、日本に住んでいるし、日本語がペラペラなので安心な気がする。まぁ、Pairsの場合、中国や台湾の美女が大量にいるので、フィリピン人より中国系美女にコンタクトを取ってしまうんだけどね(笑)。

【関連アプリ】

Pairs(フィリピン人女性登録者数:283人)
https://pairs.lv
Japan Cupid
https://www.japancupid.com/