日本語を話せる外国人と出会えるアプリはありますか?
恋愛目的の場合、MatchとOmiaiに日本在住の外国人が多いです。とくにOmiaiは日本語が上手が多いと思います。

https://jp.match.com/

https://omiai-jp.com/

2018年3月現在、Omiaiには、韓国人が198人(女43、男155)、アメリカ人が128人(女52、男76)が参加しています。

今回は、Skoutという国際交流アプリを紹介する。

知名度が低く、少し怪しい雰囲気があるアプリだ。

使っても大丈夫かな?と不安に思っている人は多いと思う。

でも、実は、国際交流アプリは不安と感じた時がチャンスである。

なぜかと言うと、日本人のライバルが少なくなるからだ。

糞ゆとり世代には無理!積極的に参加しろ!

SKOUTは、Hello TalkやHello Palと同じような、国際交流のためのチャットアプリである。

Hello TalkやHello Palにくらべると、大分、知名度が低い。

だからこそ、40代のオッサンにとっては狙い目なのだ。

ゆとり世代のガキが多ければ多いほど、俺たちおっさんは出会いのチャンスが少なくなる。

でも、若い奴らは、知名度が少し低いだけで、警戒して参加しようとしない傾向がある。

特に国際交流をしようと考える人たちは、インテリが多いので慎重になりやすい。

だから、こういうマイナーなアプリを見つけると、俺は嬉しくなる。

足跡機能がヤバっ!リアルタイム通知

Skoutに登録して、まず、凄いなって思ったのは、足跡の機能。

足跡機能があるアプリは他にもあるけど、、、

Skoutの場合は、反応が早かったし、リアルタイムで通知されるので、自分に興味を示した人に速攻で話しかけるという手法がとれる。

実は、この手法、Facebookが流行ったころによく使っていた。

チャット回避不能な状態に外国人女性を追い込む

俺が、フェイスブック時代にやっていたチャットの裏技を教えよう。

日本の面白い写真をたくさんアルバムに掲載しておいて、親日家の外国人からイイネをもらう手法だ。

親日家の外国人は、俺のアルバムを見ながら、いいねを、押しまくる。

その押しまくっている最中に、チャットで話しかける。

外国人の方から、アクションを起こしているので、チャットで話しかけられると、無視しにくい心理状態になる。

だから、ほぼ確実チャットが成功する。

Skoutの足跡機能で、プロフィール閲覧中の親日家に話しかける

Facebookで俺がやっていた手法と同じことが、SKOUTでもできる。

外国人は、俺のプロフィールを見て、足跡がついた瞬間に、チャットで話しかければいいのである。

だから、チャット成功率が高まる。

チャットのためにパソコン仕様に変更

ここで面倒になるのが、スマホでのチャットである。

40代のオッサンは、スマホの文字打ちが遅い。

かなりのストレスになる。

だから、俺は、ブルートゥースのキーボードを使うようにしている。

これは、あらゆるチャット系アプリを使うのに、便利だから、買ったほうがいい。

料金も安めで、1500円ぐらい。

これさえあれば、キーボードを使ってチャットができる。

俺の場合、タイピング速度が速いから、若い外国人とリアルタイムでチャットしても、全く問題がない。

チャットは少なめ、GPS機能を利用して実際に出会う!

Skoutの場合、言語交換アプリと言うわけではなので、積極的に、外国人を誘ってよいことになっている。

GPS機能がついているので、実際に会える相手を探すのが良い。

 

ネットだけで言語交流しようと考えずに、すぐにでも実際に会おうと誘うべきである。

日本に来ている外国人は、日本人の友達が欲しくて、Skoutに参加しているのだから。。。